top of page
  • 執筆者の写真kuukan

シンプルが1番難しい

見慣れたこの言葉をfootballに置き換えて考えてみた。


footballが1番難しいのは1個のボールを22人で攻めるゴール、守るゴール1個ずつに入れる競技。

ピッチの中はスペースと相手選手、味方の選手で入れ乱れる。


その中で最良の判断を数秒単位で決断する連続である。


ボールを持てば相手DFを釘付けにできるが、こちらの遂行したいプランはバレる危険性を兼ね備えている。

逆にワンタッチやツータッチは、動きながら正確なコントロールと一瞬の判断で行う非常に難易度の高いプレー。


言語化するとさらに難しく感じてしまう。



シンプルは難易度が高いから良いというわけではなく、相手を誘い食いつかせるプレーである、ドリブルも必要不可欠。


これが1番いいというものがないのがfootballの1番難しく面白いものである。


今日は食い付かせとバラまきを意識的に伝えていく。

その本質を。

Comentarios


bottom of page