top of page
  • 執筆者の写真kuukan

低学年教育を学んで...

小学低学年教育を学んでいる

見学にも行った

幼稚園や保育園で遊びの中から学んできた事が遊びが排除され、学びのみに変換される

それを楽しいと学びたいと思えるカリキュラムなのか?

それを自分に置き換えた時に6歳児やespeや vibolaの3年生以下の選手達には違うアプローチが必要だと感じている。それを具体的に作り始めた。

【遊びながら覚えるfootball】

それを受けた選手は夢中になる


言葉の表現では可能に感じるけど、実際はめちゃくちゃ難しいのが現状。

ゲームをやると1人あたりがボールに触れる回数が限られてしまう。

たくさん触れても飽きてしまい、何のトレーニングで何が身につくのか?


そんな時に思い出したことがある。

愚息のキックのトレーニングでは怪獣を使った。

ドリブルトレーニングでは〇〇〇〇を使った。

遊びは常に隣にあった。

それを12人様にどう改良できるか?

あとそれ以外に何があるか?

考えている。

1回子供に戻ろうと思う




Comentarios


bottom of page