top of page
  • 執筆者の写真kuukan

余裕を持たないと

全カテゴリーの試合がドンドン週末に入ってくる。

それを良いことに適当になってはいけない。


再度、初心にかえってトレーニングと試合に挑む。


それには余裕を持って対応しないと雑になるし、内容が薄くなる。

ただ余裕を持つのではなく、先のことをしっかりと予測して常に起こる先をいく。


そういうことを心掛けて指導という強者に挑む。




Comments


bottom of page