top of page
  • 執筆者の写真kuukan

完全育成型集団

育成は難しいもので手をかけずに何かを育てることはできない。

けど、手をかけすぎると育たない。

とても難しいことを毎回の仕事で取り組むことができている。


それは幸せなこと。

どんな分野からでも学び、今目の前の選手達が幸せなfootball Lifeを送れるように持っていくのが俺の仕事。


集中すべきは自主性。

自らなにかを求めているのか?

成長を求めているのか?


それをこの場で持てないのであればいる場所を間違えている。

早めに決断する必要がある。

シドウシャも選手達との関わり方を選んで駆け引きをしているのにたまに、手取り足取り我が子に手を差し伸べる人たちも増えた。


それは悪いことではないが、子が育たないことに気がついた方がいい。

その子は本当に悩んでいるだろうか?

俺は本当のところはわからないが、親御さんの関わり方は重要だと感いている。


話を戻すと育成は簡単ではないということ。

どんなにいいトレーニングをしてもどんなに良いことを言っても、伝えても...

簡単に人は育たない。


そこに全力で挑む。

そんな集団を作る。



Kommentare


bottom of page