top of page
  • 執筆者の写真kuukan

手で扱うように足で扱う

ボールを扱う

footballはスポーツの中でも特別難しい思う。

脳から一番遠い、足で扱いながら顔は上げなければいけない。

あの四角のエリアを22人が自由に動き回れて、22個の脳と44本の足で1個のボールを奪い合ってゴールを目指す。


普通に考えて難しい。


だからボールコントロールにストレスを感じているようではfootballを楽しめない。


静岡で見たいろんなチームの子達はボールコントロールに優れているからfootballを純粋に楽しめる。


とことん目指すところは決まった。



Comments


bottom of page