top of page
  • 執筆者の写真kuukan

相手よりも多くボールを持つということは…

この問題を勘違いしてる選手や人は多い。

相手よりも多くボールを持てばいいと思っている。


これには何の意味もなく、基準すらもない。

相手よりもどう多くボールを持ち、相手DFをどうできたらいいのか?


これ無くては語れない問題だ。


理想は、

【相手DFを相手のゴール前まで引かせることでボールを保持する】

となると必然的に相手陣地でボールを保持する。


それに必要な技術は

相手のプレッシャーに向かっていく技術が大切。

それを理解してくると下げることのリスクがわかってくる。


前に進みながら相手をズラして、スペースを進むイメージ。

ボール保持には知識が不可欠。

どうボールを動かしたら相手はどう動くのか?

その原理原則を知ってボールを動かす。


footballを学ぶ旅はまだまだ続く。

今学んでいるのはボールがない97%の局面。

そこで違いを作れる選手に育てたい。

それは賢さを身につけないといけない。


何に賢くなるか?

何を1番に考えて動くか?


今回の試合で重要なポイントは


(ボールを自チームが握っている時が鍵となる)


相手が攻めてくる時は対応できる。

急な攻撃スタートの時にどう対応するのか?

そこをじっくりと作ってきた1週間!!!


楽しませていただく!



Comments


bottom of page