top of page
  • 執筆者の写真kuukan

子供心

「おとなはみんな、だれしも、かつてこどもだった。それを覚えているのは、ほんのひと握りだけ。」

(サン=テグジュペリ著より)



この言葉は有名でみなさんも知ってると思う。


この言葉の表現でどんな事を考えたのか?

footballをやる中で昔から教育される正々堂々、一生懸命やって相手に勝とう。

という教育。



footballでは果たしてそうなのか?


大きく異なるのではないか?

という疑問がシドウシャになってからずっとある。


子供の頃に公園や空き地でやってたfootballを思い出して欲しい。どんな気持ちでどんなプレーをしてたのか?


誰からも管理されない、シドウされない、自分が思うがままにチームを勝たせる知恵を出す。


それがいつしか、誰かに管理され、シドウされ、自分が思うがままに動けなくなる。

これって結構危険な事だと思う。


でもわかっていてもそのことに対して何の解決策もなく、管理とシドウを続ける。

これで本当に魅力ある子供達が育つことができるのか?


やっぱり、ぶっ飛んだことをするのは僕じゃないとな。とか思った。


[大会を公園や空き地]と同じスタンスで捉える。

てな!


身体や年齢は大人になるが、モノの考え方はたまに子供のころの柔軟さを持っていたいものだ。



Comments


bottom of page