top of page
  • 執筆者の写真kuukan

目的。

全て子供達に接するときは手前には見えない目的がある。

その目的のために頭をフル回転させる。


家を出て試合に向かう前には相手を予測し、自チームの選手達の目的をハッキリとさせて向かった。


今年から公式戦でも課題と目的を子供達に伝える事をしてる。


でも本来の目的は隠す。

そこまで辿り着いてほしいという願いを込めて。


最近10番の選手の変化が急務という事もあり、10番にはパス禁止で試合に挑んでもらった。


ちなみにこれは10番だけの課題ではない。と伝えたが本来の目的には辿り着けなくて、前半を終えた。


これは相手を舐めている訳でもなく、ふざけている訳でもない。


【10番がパス禁止で3点以上を決めないといけない】


この真の目的は

10番にどんな状況でどんなパスを渡すのか?

これをすることでターゲットを常に意識した視野と選択肢を持つのでは?


思ったが…

まだそこに辿り着けなかった。


後半は数名がわかり始めた。


こうやって選手は成長する。

相手が強いとか弱いとか全く関係ない。


公式戦では強くはなるかもしれないが巧くはならない。


今日も目的を準備して向かう。

その前に遊びにでも出掛ける。




コメント


bottom of page