top of page
  • 執筆者の写真kuukan

footballは足し算ではない。

あの子が居るから…

この子がいるから…


これだけ揃えば勝てる。

と、勝手に勝敗を決める。


それを油断という数値化できないモノサシで決めつける。


本当にそうなのだろうか?


footballは外的要素の高いスポーツ。

確実にこのチームだと勝てるということはほぼない。


だから世界からこれだけの人に愛されるスポーツなのではないでしょうか…


というロマンを語ってみた。


今回、なぜこれを書いたかというと…

この間、リーグ戦の初戦で子供達は別人がfootballをしてるのか?

というほどのプレーをした。


それはアップからも伝わってきたし、緊張感のない感じも伝わってきた。


もっというとここ最近のトレーニングからも少し見えていた部分。

相手よりもこちらが優っているのに…

ということではなく、


ただ全力で成長するために試合をしてるように見えなかった。

どんな公式戦もトレーニングマッチもトレーニングも全ては昨日よりも今日成長するため。


それ以外の理由がない。


そういう感覚でfootballというスポーツに向き合ってほしい。


明日は我が身。



Comentarios


bottom of page