top of page
  • 執筆者の写真kuukan

Vibola.JRに少し変化が必要

日曜に、LIGA JOGA BAGUNCAが行われた。

やる子、やらない子

の差が出てきた。

カテゴリーを分けなければいけない。


試合後に3年生の子が帰ってからお母さんに


『1年生の子達にどう伝えたら伝わるかな?』と相談したみたいで。

伝わらないのは僕の伝え方が悪いと前置きした上で聞いたみたいだ…

その子は勝ちたいと思っているが、チームをうまく機能できていないことに悩んでいる。


この環境は望んでいたこと。

自分で考えて悩んで育つ期間を設けている。


アドバイスしてあげたいが、ここは我慢。

自ら色んなことを試行錯誤して挑む。

3年生でこの経験ができていることはとても大きい。


カテゴリー編成を変える。


U-6とU-7を同じにしてU-8とU-9を同じにする。

2コートを作成して行えるようにする。

この年代くらいから身に付けてほしいのはスキルと闘争心。


闘争心は待つしかない。

どうにか身に付けさせる…というものでもない。

自分の中から湧いて出てくるもの。


ここが身につくか?

身につかないか?

で成長速度も大きく変わる。


この間は1人の1年生の選手がベンチで遊んでいる子供達に

『うるさいから静かにして』

と発していた。


これも成長。






コメント


bottom of page